海外旅行

【徹底解説】国際免許証の申請(取得)方法は?必要書類と写真サイズについて

男性が車を運転している写真

海外旅行先でレンタカーを借りて、観光三昧!そんな方も多いのではないでしょうか?

そんな私も10月に3世代子連れハワイ旅行を控えています。

レンタカーに乗る為には何を準備していけばいいのかな?

今回はそんな疑問が湧いたため、国際免許証について調べてまとめてみました。

こんな方におススメの記事
  • ハワイなど海外旅行でレンタカー予定の方
  • 国際免許証って必要?と不安な方
  • 国際免許証の申請(取得)方法が知りたい方

国際免許証ってなに?

国際免許証とは、自動車免許を取得した国以外で運転する事実を国際的に画一的な証明書で表現するための書類です。

要は、日本の免許証はもちろん日本語で表記されていますので、海外のお巡りさんはそれが「運転免許」であることが分からない可能性があるのです。

そいったトラブルが無いように世界共通の証明書を作った。それが「国際免許証」なんです。

例えば、現地のお巡りさんが日本の免許証が理解できなくて「無免許運転」になってしまうトラブルもあるらしい!?

国際免許証とは、運転免許証を英語表記してその権利を証明するもの!

海外で運転する場合・・・

  • 自国の免許証
  • 国際免許証
  • パスポート

の全てが揃っている必要があります。※一部例外地域(グアムやハワイ)あり

トラブルに合った時にスムーズな対応をしてもらえるように、また不当な扱いを受けないように防衛するために必要なんだね!

ちなみに、国際免許証の効力は取得後1年間(パスポートの満期の方が早ければそれまで)です。

有効期限が切れても継続申請というものはなく、都度再申請する必要があります。

※なお、国や地域によっては国際免許証なし(日本の免許証のみ)で運転が可能な場所もあるんです!!(グアムやハワイ)

次の章で詳しく見ていきましょう。

どの国で必要?

国際免許証が必要(有効)な国※一部抜粋
  • アメリカ
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • オーストラリア

正直、こんなに海外旅行で運転が可能な場所があるなんて驚き!というほどの数です!詳細は警視庁のホームページに一覧掲載があるので見てみてください。

日本の免許証のみでOKな国・地域
  • グアム
  • サイパン
  • ハワイ
  • カリフォルニア
  • スイス
  • ドイツ
  • 台湾

上記の国や地域は、日本の運転免許証のみでも法律違反で罰則を受けることは「法律上は」ありません。

国際免許証は必要なくても

  • 日本の運転免許証
  • パスポート

は必ず携帯する必要あり!

この日本の運転免許証のみでOKな国や地域でも、代表者一人だけでも国際免許証を取得しておくとトラブルに合った時に安心と言えるのではないでしょうか。

同乗者の誰かが国際免許証を持っていれば、もしもの時も現地の警察官などに説明しやすよね!

我が家は父と私が運転予定ですが、代表して私が取得してくることになっています。

必要書類・申請費用は?

国際免許証の申請に必要な書類・費用の一覧を下記します。

  • 日本の運転免許証
  • 申請用写真(1枚)
  • パスポート
  • 手数料 2,350円 ※一部2,400円の都道府県あり

海外渡航が基本ですので、パスポートを事前に取得する必要があります。

ただし、パスポートが間に合わない場合、航空券のeチケットなど渡航が証明できればOKな場合もあります。ただし都道府県によって対応は違うと思いますので要確認です。

申請用写真のサイズ

申請用写真のサイズ指定は縦5㎝×横4㎝です。(6か月以内に撮影のもの)

パスポートの申請用の余りでも大丈夫かな?と思いきや、パスポートの写真のサイズは縦4.5㎝×横3.5㎝ですのでやや小さい!

わざわざ800円近く払って機械で撮りなおすのはバカバカしいなと考え、今回はスマホで簡単に作成することにしました。

無料のアプリなども山ほどあるのですが、ほぼ縦5㎝×横4㎝に対応していないです。

それでも探し出して「無料」で作成したい方はこちらからどうぞ!

今回私はピクチャンを利用しました。1枚200円+コンビニでの印刷代で作成が可能です。正直、完成度は駅前の機械で撮った方がいいのですが、採用活動等で利用する訳ではないので、この内容で十分でした。

ピクチャンを利用した方の感想はこちらから。

どこで申請(取得)できる?

お住いの都道府県指定の免許センターや警察署で申請が可能です。平日のみしか申請を受け付けていない都道府県も多いですので、注意が必要です。

平日のみの受付の場合もあるので注意!

下記が全国の県警ホームページ一覧(北から順に記載)です。該当の県の県や県警の公式ホームページでご確認ください!

北海道北海道県警察ホームページ
青森県青森県警察ホームページ
岩手県岩手県警察ホームページ
宮城県宮城県警ホームページ
秋田県秋田県民サポートページ
山形県山形県ホームページ
福島県福島県警察ホームページ
茨城県茨城県警察ホームページ
栃木県栃木県警察ホームページ
群馬県群馬県警察ホームページ
埼玉県埼玉県警察ホームページ
千葉県千葉県警察ホームページ
東京都東京都警察ホームページ
神奈川県神奈川県警察ホームページ
新潟県新潟県警察ホームページ
富山県富山県警察ホームページ
石川県石川県警察ホームページ
福井県福井県ホームページ
山梨県山梨県警察ホームページ
長野県長野県警察ホームページ
岐阜県岐阜県警察ホームページ
静岡県静岡県警察ホームページ
愛知県愛知県警察ホームページ
三重県三重県警察ホームページ
滋賀県滋賀県警察ホームページ
京都府京都府警察ホームページ
大阪府大阪府警察ホームページ
兵庫県兵庫県警察ホームページ
奈良県奈良県警察ホームページ
和歌山県和歌山県警察ホームページ
鳥取県鳥取県警察ホームページ
島根県島根県警察ホームページ
岡山県岡山県警察ホームページ
広島県広島県警察ホームページ
山口県山口県警察ホームページ
徳島県徳島県警察ホームページ
香川県香川県警察ホームページ
愛媛県愛媛県警察ホームページ
高知県高知県警察ホームページ
福岡県福岡県警察ホームページ
佐賀県佐賀県警察ホームページ
長崎県長崎県警察ホームページ
熊本県熊本県警察ホームページ
大分県大分県ホームページ
宮崎県宮崎県警察ホームページ
鹿児島県鹿児島県警察ホームページ
沖縄県沖縄県警察ホームページ

まとめ

いかがでしたか?

海外旅行での運転には「国際免許証」が必要な場合が多いです。

みんなも旅行先の情報を確認して、しっかり事前準備していこう!

また、海外旅行先では交通ルール事情も異なってきます。くれぐれも交通安全に気を付けて運転してください!(自戒の念を込めてw)

皆さんの旅行が楽しいものになりますように!